鍼は、部位に合わせて、数種類の太さの鍼を使い分けます。非常に細く精度の高い鍼を用いるため、安全かつ痛みも強くありません。

 

 

箱灸

箱の中段に置いたお灸に火をつけ、腰や肩などを温めて血行を促す「間接灸」です。皮膚に直接触れないため熱の刺激が少なく、じんわりとした温かさともぐさの香りで安らぎます。

 

 

灸頭鍼

 

灸頭鍼は、刺した鍼の先にもぐさを載せて燃焼することで深部へピンポイントに熱の刺激を与えられる、鍼と灸の相乗効果が得られる治療法です。