森の養生講座vol.3 開催報告

2018/10/8

台風も過ぎ去り、心地よい秋晴れの日となった当日。前日からシミュレーションしていた鶏料理がうまくできるか!?ハラハラしながら、参加者の皆様を迎えました。

本日は、丸鶏の解体・調理と、耳つぼ講座の2本立て。まず、午前は、丸鶏の解体から開始です。講師は、愛媛県宇和島でこだわりの養鶏をしている「みかん家 吉田」の吉田裕史さん。鶏をさばきながら食材としての鶏肉に思いをはせ、さらに良い鶏肉の健康への効果についてなどを教えていただく内容です。ランチに料理を間に合わすために、早速内臓を抜いた鶏を取り出し、まずは解体の手本を見せてもらい、それを一通り見たあと、参加者の皆さんにはグループに分かれてさばいてもらいました。

さばいた後は、タイミングを計りながらさばきたての鶏肉をどんどん調理!薪ストーブを使って加熱調理をしている間、健康で美味しい鶏肉についてまなび、30分後、、、

地元のもち米で煮たサムゲタン、野菜たっぷりのダッチオーブン、シンプルに焼いたオーブン焼き、香味野菜たっぷりの蒸し鶏ができあがり!味付けや調理法もさることながら、鶏肉そのもののくせのない美味しさに、皆夢中で食べ続けておりました。

午後からは耳つぼ健康講座です。講師はおなじみの明治国際医療大学の伊藤先生。ちょうど先日テレビにも出演して、東洋医学が見直されている昨今の医療事情についてお話しをされていました。

東洋医学をベースにしたセルフ健康チェック方法から始め、耳つぼの効果や刺激の仕方についてひととおり楽しく学びました。

その後会場の隣の山道をゆっくりと散策。心地よい木漏れ日を感じながら、雨の後のたくさんのキノコやコケを眺めながら、心地よく体を動かしていただきました。散策後、山の中のヨガ会場にて、ストレッチでじっくりと体をゆるめてもらいました。

戻って来たら、お茶とお菓子タイム。薪ストーブで焼いたさつまいもと、手作りのお茶を飲みながら、充実した1日を振り返り、しばしの交流を楽しみました。参加者のお一人が演奏してくれたオカリナも、心を和ませてくれました。

秋らしく、「食欲」から始まり、「運動」をし、「芸術」で〆た、もりだくさんの講座となりました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!