森の養生講座vol.2開催報告

2018/7/14

もりだくさんで大成功だった前回に引き続き、アロマテラピストの山本先生をお招きし、足の健康を東洋医学とアロマでセルフケアする方法を楽しく学ぶ第2回目。爽やかな夏の日に、開催です!

まずは、明治国際医療大学の伊藤和憲先生による足つぼの講座です。セルフケアに必要な知識、基本的な体の歪みや体調などを見る方法をいくつか伝授していただきながら、足つぼの基本知識(無数のツボがある!)と、それぞれの効果について学びました。

ひととおり学んだ後は、夏らしく、川歩きです!水の冷たさや、川底の石が足のつぼを刺激して、健康促進になるのです。。。

綺麗に澄んだ由良川で時を忘れてはしゃぎました!

ランチタイムは、焼きたてのパンにハンバーグと夏野菜のサラダとスープでがっちり栄養をつけてもらいました。

午後からは、一般社団法人日本ハーブ研究開発機構近江おごとハーブガーデン主催のスクール「緑と香りの学校Tiara」代表、アロマテラピストの山本真理先生による虫除けスプレーとマッサージオイル作り。ローズマリーやユーカリ、レモングラスなどの定番の虫除けハーブのほか、杉やヒノキなども虫除け効果があるとか、、、気軽に生活にハーブを取り入れる知識を教えてもらいながら、好みのアロマオイルを使って虫除けスプレーとマッサージオイルをそれぞれ作りました。

出来上がった後、まずは森林ウォーク。緑を感じながら歩いて、森の舞台へ。足先からふくらはぎまでを、手作りのオイルを贅沢につかって丁寧にマッサージ。マッサージ効果の高い指使いなどを教えてもらいながら、心地よい香りに包まれて至福のひとときです。

しばし森の中でのんびりとした後は、室内へ戻って、山本先生のブレンドハーブティと、季節のお菓子をいただきながら、1日の振り返りを。

夏らしい楽しさと、たっぷりの癒しにあふれた1日となりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。。。!